上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--   (スポンサー広告)
09040505.jpg
満開の桜

サイルが日本上空を通過した頃
僕は川崎でちんこを眺めていました。

奇祭『かなまら祭り』へ行ってきたのです。

どんなお祭りかというと『ちんこ』です。
詳しい解説は調べればいくらでも出てくるの
興味ある方は各自検索してください。

※以下、下品なので閲覧注意

写真撮ってきたんで、とりあえず見てください。(ちんこ注意)

【唐突に現れるちんこ】
【売られゆくちんこ】
【町を行くちんこ】

すごかった。

ちんこ神輿が町を練り歩いたり、女性が普通にちんこ飴をなめていたり・・・
とにかく眼を疑うような光景ばかりなんだけど、何よりすごいのが
それらを老若男女誰もが楽しんでいるということ。

内容が内容だけに、サブカル野郎ばかりなのかと思っていたら
地元のお年寄りや、小さな子供もたくさん参加していてびっくり。
地元の人たちにとっては、普通のお祭り感覚なんだろうか。

子供達は珍妙なフォルムのそれを何だと思っているんだろうか。
そしてそれが何かを認識したときに、このお祭りをどう思うんだろうか。
心配。

外国人も多いです。全体の3割は外国人だったんじゃないかなぁ。
国に帰ったら皆に何て話すんだろうか。
心配。


変わったお祭りですが、良い非日常感を味わうことが出来ました。
あんなにオープンにされると、かえって清々しいです。
たまにはちんこも悪くないね。


かなまら祭りは毎年4月の第1日曜日に行われています。
興味を持たれた方は、是非足を運んでみてください。

ただ、
すごく混んでます。まともに歩けないほどです。
ここ数年で観光客が爆発的に延びているようなので
(地元の人が去年の倍は来てると言っていました。)
来年はもっと混雑するんじゃないかなーと思います。
人ごみが嫌いな方は注意。

以上!
2009.04.06   (note)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。